記事一覧

同じことを100回聞かれても・・・。

ファイル 57-2.jpg


スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー

またしても、介護現場で悲惨な事件が起こった・・・。

「人間ほど、怖い生き物はいない。」
ある方の口癖であるが、「人間ほど素晴らしい生き物はいない。」と言い返したいが、確かに現実世界では次々と問題が勃発する。


「その話は聞いた!」
「また、同じことを言っている!」
「何度言ったら、分かるんや!」
「なんで出来んの? 早くして!」

こんなキツイ言葉が発せられると、危険信号である。

認知症高齢者に対して、イライラして接することは非常にまずいことである。不穏な状態が助長され、悪循環が繰り返されることになる。

もの覚えが悪くなったり、物忘れがひどくなったり・・・。
シニア世代に突入すればその症状を自覚する場面が多くなる。少しは理解できる年齢になったのかな?

記憶力や体力が衰えていく高齢者を理解し、やさしく接することが大切である。同じ話を聞いても初めて聞くかのように受け止める、心の余裕が必要である。自分自身の心の管理が求められる。

そんなことを考えていたとき。ふと新聞広告が目に入った。
心をつかんだキャッチコピーに瞬間的に学ぶところがあった。

「同じ事を100回聞かれても笑顔でお応えします。」

シニア限定 パソコン教室の広告である。ここなら私も安心して通えそうだ。