記事一覧

研修を終えて。

10月7日から始まった、介護支援専門員専門研修(ケアマネ更新研修)も12月15日ですべて修了しました。延べ12日間程度ですが欠席は一切許されないだけに、何事も無く受講できホットしています。今回、利用者に対する理解について、沢山学ぶことができました。例えば援助計画を立てるとき、とかく出来ない部分に目が向きやすいところですが、それよりも何がその人の強みになっているかに着目すること。また、自分の考えや価値観がありますが、人それぞれに異なった視点があること。3人寄れば文殊の知恵と言いますが、個性の違いに尊さを感じることが出来ました。この研修で得た内容は業務はもちろんのこと自分自身の生き方にも活かしていきたいものです。

二者択一、究極の選択!

 ひと昔前に“究極の選択”という質問ゲームが流行りました。どちらも選びたくないのに、絶対どちらかを選択しなければならないというお遊び・・・。私も恥ずかしながら、どちらに転んでも大衆の面前に恥をさらす羽目になるような、実に意地悪な究極の選択を迫られ、返答に赤面した苦い経験があります。

 それから時が経ち、今、私はケアマネジャーの更新研修を受講しています。そして、先週、講師より究極の選択を迫られました。

 講師:『皆さん、どちらかを選んでください!』と・・・。あなたにとって「愛情」と「健康」はどちらが大切ですか?。両方選びたいところですが、それはだめ!  う~ん、これまた、なかなかの質問ですね。私は“愛情”を選びました。すると、講師:『どちらを選んでも間違いではないですよ。』とのすばやいフォロー。・・・私は少数派でありました。

 確かに健康は幸福の要素に違いないけれど何故みんなは愛情をとらなかったのか?実は聞き落としてました、『あなたにとって“今”~?』、今という言葉がポイントでした。大半の受講生はメタボリックの年を迎えていました・・・・。

 さて、皆さんは、どちらを選ばれますか?

 人生の岐路に立つとき、決断をせまられます。最良の選択をするためにも、自分の心を磨いておかなければと思う昨今です。

社名について・・・。

名刺交換するとき、『ミストラルってどういう意味ですか?確か車の名前にもなっていましたが・・・。』と質問を受けます。介護事業に横文字はあまり似合わないと思い、何度か社名変更を考えたことがあります。

あるとき、もうすぐ100歳に手が届く御利用者に社名変更の相談をしてみました。(ちなみに、この方はF市の繁華街○○通りのネーミングをされた経歴があります。) すると、答えは意外にも『変える必要は無い!』とおっしゃいました。『せっかく覚えたのに変えないでほしい。ミス(Miss:女性)とトラ(Tiger)と覚えたら良い』とのアドバイスを逆に頂戴しました。ここは関西、阪神タイガースファンも多いので・・・。(他球団のファンには申し訳ありません)

さて、前置きが長くなりましたが、“ミストラル”は元来ヨーロッパに吹く季節風の名称です。公式のヨット競技にもミストラル級というのがあります。何でも台風並みの強烈な風らしく、別名、悪魔の風とも呼ばれるくらいです。ところが、この風が吹くと暖かい春が訪れるのです!日本では、さしずめ“春一番”ということになります。

そのような訳で、ミストラルという社名には介護分野で『春を招く、新たな旋風を巻き起こしたい』という思いがこめられています。

リニューアルHP、只今発進!

みなさん、ミストラルHpにようこそ!
さて!、いきなりですが、みなさん在宅介護サービスは毎日変化に富んでいますよ。急な通院の依頼があったり、新たな相談があったり、今すぐ来て欲しいとか・・・。でも、それがまた、ココロとカラダに良い刺激(?)にもなっていたりして・・・。
んっ誰ですか?ストレスが多くて大変じゃないかって? 少し当っているようですが、考え直すと、そうとはいい切れません。つまり問題はこちらの受け止め方次第であって、嫌なストレスに感じたり、よしやるぞ!と元気のきっかけになったりもします。結局、自分自身が問題であって、プラスで受け止められるような日々の自己管理、自己啓発がとても大切になってきます。相手に喜んでいただけると、こちらにもチカラがみなぎってきますよね。
このように介護現場は変化と喜怒哀楽に満ちた生き物みたいなものです。それなのに、HPに動きがないというのは「チョッと物足りないなあ」と感じてまして、リニューアルに踏み切ったわけです。今回のHPの構成に社長はあまり口出しするなということで、熱心なメンバー達で作り上げてくれました。勿論このブログコーナーもです。すこしプレッシャに感じますが、挑戦してみよう!“感謝”していますよ(^^)。
ということで、あまり、かたくならないよう、自然体で運営できたら良いなあと思っています。みなさん、今後ともお付き合いのほど、よろしくお願いします。

ページ移動